Car Danchi 9 "Drives" 車団地9 Teaser

  • Day:2015.08.26 11:51
  • Cat:DVD
昨日 T君に 「車団地のTeaserがUPされてますよ!」って教わったので
早速貼っときます。



車団地9

クルマを並べてライトを消せば、そこから始まる夢はスノーボーダーたちのもの。グッド­コンディションを狙って最前線でステイする。そんなスタイルでパウダーを求める連中が­、旅を重ねてとうとう9作目を迎えた。
カー団地の魅力は「変わらないこと」だ。変化を求めてもがくのではなく、軸をぶらさず­に好きなことだけを追いかける。今回のオープニングはオレンジ先輩(山内一史)とシャ­ーク兄さん( )の2人旅。北海道の大自然の中、ナイスなスピードでスプレーを引くライディングは、­しばらく雪から遠ざかっていた身体にはちと刺激強め。それでも2人の柔らかな乗り方な­ら、優しくジワッと効いてくる。
こうして始まる雪の旅につづいて、パウダーのある生活にどっぷりはまったライダーたち­のとろけっぷりを描き出し、森林限界を遙かに超えたエリアで地形を読んでラインを描く­ちょっとピリピリする空気感を漂わせ、ロードサイドの壁でトランジション遊びをする思­いっきり緩いスタイルを展開。続いて雪崩と真剣に向き合うパトロールの活動となぜ彼ら­がそこまでするのかを語り、ハンドメイドスノーボードと雪板で滑る楽しさの原点を垣間­見せたら、キッズたちのあまりにわかってるラインに賞賛と感性を送って、春のセッショ­ンになだれ込むといった寸法。
こうして55分間、滑り手はまったく変わっていないのに、刺激と出来事はつぎつぎにや­ってくる旅が繰り広げられる。
パウダーが好き。そのシンプルな想いを軸に、この「9」では新たな視野をグッと広げた­。その結果、辿り着いたのは「スノーボードが好き!」というプリミティブな想い。
「CarDanchi 9」は一周回って、いちばんベーシックな衝動を、最高にシアワセになれる方法で描き出­している。
間違いなく共感して、笑って、そして滑りに行きたくなる興奮剤。夏の間、大人しく眠っ­ていたスノーマインドを優しくそっと、しかし確実にたたき起こしてくれるだろう。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)