BURTON FISH 160

先日、弟の「FISH160」を TUNE UP しました。

3月に今季モデルを中古で買ったらしく、TUNE UP しないで乗っていたんですが
「ソールが凸凹でHOTWAXし難いからソール削ってくれ」 とのこと、
「そんじゃぁー見してみな」
って見てみたら・・

fish160m-1.jpg

めっちゃソール焼いてるし、結構凸凹
盛り上がっている所がテケテカに焼けちゃってます。
コンケーブもあるのでエッジの調整も必要です。

TUNE UP 後

fish160m-2.jpg

ソールの焼けも綺麗に取れて良い感じ!
コンケーブのせいでエッジが薄くなっちゃいましたけど・・

サイドウォールがスリムレールな「FISH」や「STELLAR」は
コンケーブになりやすいのかな?

弟の場合、カービングマニアなので早めにエッジが噛むように
ベースエッジのビベルは1.5度の90度仕上げ(手仕上げ)で、乗ってから再調整します。

私の場合、パウダーボードは体の軸を大きく傾けてターンしたいのと、ちょっとルーズで遊べる方が好きなので
ベースエッジのビベルは2.0度です。 (コンベックスの場合は1.5度)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)